個人でしか出来ないことを

  • Home
  • 個人でしか出来ないことを
046月
0Comments

リラクゼーションサロンでの経験もあり、現在も働いている私は

個人で施術をする意味を考えています。

複数のスタッフを集めたサロンというのは

共同でビジネス活動をするわけですが

経営者〜〜〜労働者 という関係が基本にあるわけです。

仕事環境は経営者の理念に左右されます。

完全利潤追求型なら

お客様とのコミュニケーションやサポートの時間は切り詰められるでしょう。

より回転を重視するわけです。

立地の魅力で集客をする店舗も多くあります

お客様からすると「職場に近い、帰り道にある」などの観点から通うわけです

つまり家賃が高いので、その分売り上げのハードルは高くなります。

個人で施術をする場合

多くは個人の魅力(技術や人間性など)の割合が多くなります。

例えば1時間施術をする場合

普通のサロンなら施術後に5分くらいの時間しかないでしょう。

個人なら、もちろん立地にも寄るわけですが

経営主体への利益還元が無いわけで

その分お客様との時間をとっても経営が成り立つということが

個人で仕事をして分かりました。

(もちろん1日にある程度のお客様が来るという基盤があってのことですが)

私の場合、施術の前後それぞれ15〜20分は時間を取っています。 後に予約が入っていなければもっと時間があることもあります。

もともと私はカウンセラーを目指していたので、それはとてもうれしい事です。

場合によりタロットをやったり、ウォーキングの練習をしたり

それは個人でやっているから出来ることです。

自分ひとりだからこそ出来る事を、より模索していきたいと思っています。


Leave a reply:

Thank you for choosing BizCorp