整体の種類について

ここでは「整体ってどういうものなのかよくわからない。。。」という方のために、一般的に広まっている整体法の解説をしておきます。ご参考ください。

なお当サロンで使う技術の場合は【】でコメントしています。

1.アメリカ生まれの手技療法(整体の仲間)

(1)カイロプラクテック

今日本で「ポキポキする整体」という感じで多くの方がイメージするのはカイロプラクティックです。

1895年にアメリカの電磁治療家であったダニエル・デイビッド・パーマーによって創設された 手技療法です。
身体に起こる不調は「背骨の歪み」が根本原因として潜んでいるという 概念を持ち、何よりも「背骨の歪み」に着目をし、それを直接・間接的に瞬間的に圧を加えて矯正するのが特徴です。アメリカ等の欧米社会では カイロプラクティックは正式に医学として認められています。
日本では整体=カイロ=ポキポキのイメージがありますがアジャストメントというカイロでは基本の施術です。かなり学校なども日本にはたくさんあり、カイロを取り入れている治療院・整体院もかなりたくさんあります。さまざまな分派・テクニックが発展しています。

【使っていません。ただし施術中筋肉の緩みによって骨が戻るときに背骨が鳴ったり、関節がポキッと鳴りもとの位置に戻ることは時々あります。】

(2)オステオパシー

アメリカミズリー州の外科医であるスティル医師が、1874年に作り上げました。3人の子供を髄膜炎で亡くし、外科医でありながら何もできなかったスティル医師は西洋医学に限界を感じて、自然医学(自然治癒力を活かす)に目を向けるようになりました。そして現代医学の3大治療法である手術・注射・投薬を使わずに、手による施療だけの医学体系をつくりました。こちらもアメリカでは正式に医学として認められています。さまざまな分派・テクニックが発展しています。

このオステオパシーは西洋文化圏からの技術でありながら、全体は個の集まり、といった東洋医学的な概念をもち自然治癒力を引き出す事に力を入れた療法で、日本にも大正時代にカイロより先に入って来て「山田式整体術」と訳されたにもかかわらず、それほど普及しませんでした。

しかし、オステオパシーには安全で大きな効果のある矯正技術が多くありますので、それを取り入れているセラピスト・治療家は日本にも結構います。ただ名前が一般的ではないので「○○バランス療法」など分かりやすい名前で名乗っているところが多いのです。

オステオパシーの技術には、ざっと挙げると

直接法

間接法

ストレイン&カウンターストレイン

筋・筋膜リリース(深部筋膜マッサージ)

筋エネルギー法(マッスルエナジー・テクニック)

スティルテクニック

頭蓋オステオパシー(クラニオセイクラルセラピー)

靱帯性関節ストレイン法

内臓マニピュレーション

誇張法

などがあり、どれも正しく行うと効果的に筋肉・関節・ 神経バランスなどを正常に近づけることが出来ます。

【安全で優れた矯正テクニックが多くあるので、いくつかの技術を取り入れています】

(3)ストラクチュアル・インテグレーション(ロルフィング)

アメリカの生化学者、アイダ・ロルフ博士(1896〜1979)によって創始されたボディワーク。オステオパシー・指圧・ヨーガなどの技術や考え方を融合した体系的施術法。
人間の身体は結合組織のネットワーク(骨、軟骨、靭帯、腱、筋膜など)によって基本的な構造の枠組みが作られている。人間が動きを特に意識せずに生活していると、知らぬ間に偏った動きになり、結合組織のネットワークが偏って固まってしまう。ロルフィングではそのような偏りを調整することによって、重力と調和した身体バランスを回復していきます。

10回の施術で1クールとなっており、毎回異なった部位・目標を設定して効果を積み重ね、体の変化を促進していきます。

【ベーシックのロルフィングシリーズ全10回のセッション目標】
第1セッション 深い呼吸を楽にできるようにする。後に続く変化への準備となる。
第2セッション 大地にしっかり立つ足を作る。足裏の機能的なアーチを引き出す。
第3セッション 体側ラインの確立。前後の空間的広がりを引き出す。
第4セッション 骨盤内構造の調整。ミッドラインの確立。
第5セッション 腹部・胸部のスペースを拡げる。内臓空間の解放。
第6セッション 背骨・仙骨を自由にする。体軸構造の確立。
第7セッション 頭部・頸部のバランスを取る。
第8セッション 上半身或いは下半身の繋がりと統合。静的バランスの確立。
第9セッション 下半身或いは上半身の繋がりと統合。動的バランスの確立。
第10セッション 全身の水平性の確立と統合。

1〜3セッションは身体の表層部の開放、4〜7セッションは身体の深層部の開放、8〜10セッションは統合として分類されます。

ロルフィング技法の特徴のひとつは筋肉や骨よりも、それらを包んでいる筋膜を調整することが身体の調整に効果的であるとしていることです。
日本では、シン・インテグレーション、ヘラーワークという分派もあります。基本的な考え方は共通しています。

【考え方・からだの見方・テクニックに大きく影響を受けています。私の施術のベースになっています。】

(4)AKA(関節運動学的アプローチ)

関節運動学に基づき、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法。ソフトなタッチで関節を動かしながら骨盤や背骨などをゆるめていく方法です。

【関節の遊びを取り、可動域を広げていく要素は私の施術と似ているところもあります。】

(5)PNFストレッチ整体

PNFとは、Proprioceptive Neuromuscular Facilitation の略で、直訳すると「固有受容性感覚器神経筋促通法」となります。
もともとはリハビリテーションとして確立されたものです。
PNFパターンと呼ばれる回旋を伴う独特の運動パターンを用いて、人間本来の動きである<対角螺旋>の動きにアプローチし、筋肉に適度な抵抗を加えることにより、筋肉強化と関節の動きが複合され、目的動作がスムーズになります。PNFストレッチはレジスタンス(抵抗)運動を組み合わせたストレッチで、スポーツ選手のコンディショニング法として広く使われています。これを整体施術として応用したものがPNFストレッチ整体と呼ばれるものです。
筋肉は強く力を発揮した直後はリラックスする特性があり、PNFストレッチはこの特性を利用しています。

【PNFの原理を使った施術も一部取り入れています。】

2.日本生まれの手技療法

(1)野口整体

日本でおそらく初めて、天才的な施術家である野口晴哉先生によって作られた体系的な整体理論と治療体系。
昭和初期から戦後にかけて療術界で中心的役割を果たしながら、古今東西の治療法や自らの研究から、整体操法をまとめあげた。体癖論という姿勢分析の他にも、活元運動、愉気法、潜在意識教育など独自の概念や方法論をもつ。現在有名な井本整体も野口整体をベースにしていると思われます。

【一部しか理解していませんので基本的に使っていませんが、この整体で行う腹部の調整法と私の施術に共通点もあります。】

(2)操体法

無痛バランス整体。患者さん自身が動かすと痛い所から痛くないところへ、術者が抵抗を与えながら持っていき、脱力することによって筋肉が緩み、骨格の歪みをとるという技術。
力の無い女性の整体師でもできるし、わりとプロの間ではポピュラーな技術。創始者:橋本敬三先生。

【原理的にオステオパシーの技術と共通する部分もあり、痛みに対する即効性も高いので時々使っています。】

(3)姿勢保健均整法

体の不調はほとんど姿勢の不良、つまり運動系(筋肉、骨格、神経)の歪みからきていると均整法創始者である亀井進先生は着眼した。
身体均整法では、姿勢の不良などで起こる体型のゆがみを12パターン(十二種体型)で捉え、これを漢方の経絡経穴、カイロプラクティック、オステオパシー、スポンデロテラピーなど、東洋と西洋の様々な手技療法を応用し、人体本来の姿勢に整えていく療法。時々見かける施術技術です。

(4)接骨

もともとは日本の「古武道」「柔術」の技術の中で培われてきた手技療法です。いわゆる「接骨院」でお受けになれる方法です。 主に外傷が得意分野となるので「捻挫」「骨折」「脱臼」「肉離れ」などの処置が 主になります。最近では腰痛や肩こりなどの慢性症状に対して電気療法、マッサージ等を使った筋肉の調整など行うことが多いです。施術時間は短いですが、健康保険も適用され、とても経済的に診察を受ける事が できます。

3.中国整体

中国の推拿(すいな)療法を元とするもの。
推拿療法は、按摩・マッサージなど軟部組織に対する手技とカイロプラティック など骨関節部に対する手技の両方を兼ね備えているのが特徴。按摩的なほぐしの手技、ストレッチなどの関節操作法、経絡療法的なアプローチをミックスしているところが多い。
中には気功を使うというところもあります。

4.タイ古式マッサージ

ここ10年くらいで日本にも普及してきたタイ古式マッサージは、一種のタイのマッサージであり、ストレッチングを多く含んでいるのが特徴です。

インドに始まり、アーユルベーダを取り込んでいるので、タイ古式マッサージは必然的にヨーガのような様式を含んでいます。被術者はマッサージのコースの間に多くのヨーガと同じ体位をさせられるのが特徴。主にそのスタイルによって、大きく2つの流派に分けられているが、南部式スタイル(俗にバンコクスタイルと呼ばれる)では指圧療法が強調されるのに対して、北部式スタイル(俗にチェンマイスタイルと呼ばれる)にはストレッチ動作が多くあります。

【ストレッチの様々な技術が豊富にあり、整体的な効果も高いです。以前タイ古式をサロンで学んで施術していたこともあり、今でも時々使っています。】

まとめ

ここに挙げた技法以外にも無数に流派がありますが、挙げられた中で分化・融合して行ったものがほとんどですので、施術者のベースとなる技術はたいていどれかに当てはまると思います。

「どの技術が一番良いのか?」というより、「その施術者がどれだけ幅広い視点から深く技術やからだを研究し、経験を積んでいるか?」ということが、いい施術者・先生を選ぶ上で重要です。

Powered by SSLPress.NET [WordPress + HSTS + Anti-Malware scan]