ぎっくり腰はなぜ突然起こるか?

  • Home
  • ぎっくり腰はなぜ突然起こるか?
224月
0Comments

皆さんも何度かなったことありますか?

phm06_0094

ぎっくり腰

http://ja.wikipedia.org/wiki/ぎっくり腰

さて、まずぎっくり腰とは何か?

ウィキでも書いているとおりである

「急性の筋・筋膜性腰痛や腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん-)の病態であることが多いが」

「急性の筋・筋膜性腰痛」というのは、腰部にある筋肉(主に大腰筋など)に常に強い負荷がかかり続けていて、そこに急激な伸展(伸ばす)あるいは逆に緊張(収縮)の力がかかったときに筋肉反射の防御作用として思いっきり縮まる(つまり「つる」)ことによって起こる痛みです。

かがんだり、あるいは重いものを持ち上げたときになることが多いのはこのため。

筋肉のつりが骨(背骨)の並びを歪めるほどの強いものだと、神経を圧迫しヘルニアに近づきます。

「ぎっくり腰はなぜ突然起こるか?」とタイトルに書きましたが、実はぎっくり腰は突然起こるものではありません。

腰まわりがもういつぎっくりになってもおかしくない緊張状態が続いた後、ある瞬間になるものです。だからその日ならなかったとしても翌日とか近いうちに【何もしなければ】遅かれ早かれなる状態になってるんです。

肩や首よりは遠い分、肩凝りなんかより多少感覚は鈍いというのもありますが、腰は腰で「腰周りの違和感」という形でちゃんと頭にもメッセ送ってるんです。

「やばいよ、やばいよ。。。」って

でも頭優先の現代人は「なんか腰重いし時々「ぴきっ」としたりするなあ、なんか変だ、でもまあなんとかなるだろう。今は仕事で忙しいから休んでられないし、夜寝てれば大丈夫だろう。もっと痛くなってきたらなんかしよう」とか考えて無視します。その結果がぎっくりの激痛。

そして1週間は仕事を休む羽目になります。。。。

だから、しっかり普段から体の声を聞いてあげて、悲鳴を上げていたらそのときにケアをしてあげましょう。「そのときに」が大切です!

☆より詳しく腰痛のことが知りたい方

下のサイトがなかなか分かりやすいです^^

http://1st.geocities.jp/frtatumi/sikumi/sikumi.html


Leave a reply:

Powered by SSLPress.NET [WordPress + HSTS + Anti-Malware scan]