『整体は何回通えばいいの?』という疑問への答え②

  • Home
  • 『整体は何回通えばいいの?』という疑問への答え②
204月
0Comments

前回の続きです。

②その人がどの程度の変化を望んでいるか

これについては、あまり皆さん意識していないかもしれません。

まずは以下の図をご覧下さい。(ペイントで作成^^)

さて「何回通えばいいのか?」という時、「あなたはどんな状態を望んでいるのか?」ということが関係してきます。

例えば「肩こりが辛いので楽になりたい」という時、

A とりあえずしばらく楽になりたい

B 肩こりになりにくい体になりたい

この2つではやるべきことの質と量がかなり異なります。

A は表では①のラインになります。トラブルが消えるというところまで持っていくというラインです。

「治療ゾーン」と名づけてみました。

的確に施術すればたいていは数回である程度楽になります。

しかし肩こりを起こす原因というのは全身に存在します。

ですから肩こりを解消することメインの施術で肩こりが軽減して楽になっても、体の他の要因からまた肩こりになるわけです。 中央のラインからまた下がっていくわけです。

B では全身のトータルバランスを変化させるわけです。筋肉バランス、重心バランスと骨格の配置、内臓の活力、神経系のバランスなど。。。。

からだの可能性は無限です。「成長ゾーン」に当たります。

本人がそれを望んでいれば、表では②のラインを目指すことになります。

そしてトータルバランスというのはその人が生きてきた年数をかけて育ててきたものです。

新しいバランスを受け入れるのには時間がかかります。

しかも、アンバランスが強い人は時間がかかるしそうでない人は変化が早い。

そして変化を吸収していく度合いも人によりことなります。それはモティベーション(変化したいという)にも大きく左右されます。

それに「だいぶ体の感じが変わってきたし当分整体なしでも大丈夫かな〜〜」と判断するのは本人です。

ですから、「何回」と決めるのは非常に難しいのです。

でも本人が「肩だけ楽になればいい!」と思っていて、他の部位への意味を施術を理解していなければ

B的な施術はあまり効果がありません。

本人が心理的に受け入れなければ施術の効果は半減します。

ですから、お話を伺った上で上記のことを総合的に判断し

目安として「ではまず〜回ぐらいで」と直感的に判断してお伝えしています。

それは3回だったり7回だったり10回だったりします。

でも、最終的に決めるのはご本人なのです。

個人的にはその人が他人のケア無しで自分でケアできるところを目指したいと思っていますが

人間は完全ではありません。

人の助けを借りつつ生きていくのが人生でもあります。

だから私のような仕事があるわけですが。

とりとめもない文章になってしまいましたが

出来る限りありのままにお伝えしたつもりです。


Leave a reply:

Powered by BizCorp [All in one WordPress ]